| XMind

インストール方法

Windows 版の場合
  1. ダウンロードした .exe ファイルを実行し、インストーラを起動します。
  2. 「セキュリティの警告」 が表示された場合には、[実行] をクリックします。
  3. 「ユーザーアカウント制御」 が表示された場合には、 [はい] をクリックします。
  4. Welcome 画面が表示されたら、 [Next] をクリックします。
  5. License Agreement 画面が表示されたら、 [I accept the agreement] オプションを選択して [Next] をクリックします。
  6. インストール先を指定する画面が表示されます。 インストール先は変更せずに、そのまま [Next] をクリックします。
  7. ショートカットアイコンの作成やファイルの関連付けを指定する画面が表示されます。 [Next] をクリックします。
  8. Ready to Install 画面が表示されたら、 [Install] をクリックします。
  9. ファイルのコピーが始まりますので、しばらくお待ちください。
  10. Completing the XMind Setup Wizard 画面が表示されたら [Finish] をクリックします。
  11. readme.txt が表示され、XMind が起動します。 次回以降 XMind を起動するには、デスクトップ上の XMind アイコンをダブルクリックするか、スタートメニューに登録された XMind を選択します。
Mac 版の場合
  1. ダウンロードした .dmg ファイルを実行し、イメージをマウントします。
  2. マウントされた XMind フォルダが開きます。 下図のような内容が表示されますので、 赤い XMind アイコンを水色のApplications フォルダにドラッグ&ドロップしてコピーします。

    XMind 8 Mac

  3. アプリケーション フォルダにコピーされた XMind アイコンをダブルクリックすると XMind が起動します。
Linux 版の場合
ダウンロードした Zip ファイルを解凍し、パッケージをインストールしてください。
ポータブル版 (XMind 8 以降) の場合
XMind 8 以降のポータブル版は Windows 用のみご利用になれます。 XMind 7.5 まで提供しておりました Mac 用や Linux 用のポータブル版は提供を終了いたしました。
  1. USB フラッシュドライブ上に適当な名前のフォルダ (例: XMind) を作成し、ダウンロードした Zip ファイルの内容をすべて解凍コピーします。
  2. コピーされた XMind.exe を実行します。
ポータブル版 (XMind 7.5 以前) の場合
  1. USB フラッシュドライブ上に適当な名前のフォルダ (例: XMind) を作成し、ダウンロードした Zip ファイルの内容を同フォルダ内にすべて解凍コピーします。
  2. Windows 版を起動するには、 XMind_Windows フォルダ内の XMind.exe を実行します。
  3. Mac 版を起動するには、 XMind_Mac_OS_X_64bit フォルダ内の XMind.app を実行します。
  4. Linux 版を起動するには、 XMind_Linux フォルダまたは XMind_Linux_64bit 内の XMind を実行します。

XMind.net アカウントについて

XMind.net のアカウント作成方法

XMind.net のアカウントの作成方法に関しましては、下記ページをご覧ください。

XMind Pro サブスクリプションの登録方法 - XMind IDをまだお持ちでない場合

Xmind サブスクリプションコードの適用方法

Xmind サブスクリプションコードの適用方法に関しましては、下記ページをご覧ください。

XMind Pro サブスクリプションの登録方法

XMind.net アカウントを作成したのに、起動時に毎回サインイン画面が表示されます。
XMind ID サインイン画面で、 「このコンピューターでパスワードを記憶する」 にチェックを入れてサインインしてください。
XMind.net アカウントを作成せずに XMind を使用することはできますか?
可能です。しかし、マップのアップロード機能が利用できないため、お勧めはいたしません。 起動時に XMind ID サインイン画面を表示させたくない場合は、 「起動時にこのダイアログを表示しない」 ボタンをクリックしてください。

製品機能について

既定のフォントやサイズ、色などを変更できますか?
    Plus/Pro 版では可能です。無料版では利用できません。
    下記は XMind 8 での手順を説明しています。 他のバージョンでは一部手順が異なる場合があります。

  1. XMind を起動して新規にマップを作成するか、既存のマップを開きます。
  2. 「ツール」メニュー > 「テーマを抽出」を選択します。
  3. 詳細テーマエディター画面が表示されますので、画面左のマップ上で設定したいコンポーネントをクリックするか、画面右上のドロップダウンリストで設定したいコンポーネントを選択し、それについて画面右のプロパティで色や線の種類、テキストなどの設定を好みに合わせて変更した後、「保存」ボタンをクリックします。

  4. XMind 8 詳細テーマエディター
  5. 詳細テーマエディター画面が消えたら、「ウィンドウ」メニュー > 「テーマ」を選択して、テーマウィンドウを表示します。
  6. テーマウィンドウを一番下までスクロールすると、「ユーザー」カテゴリ内に 3. で保存したテーマが「マップ スタイル 1 」などという名前で保存されています。これを右クリックして名前を変更したり、既定に設定したりして好みに合わせて変更します。

  7. XMind 8 テーマウィンドウ
  8. 次回マップ作成時に 5. で設定したテーマを選択します。
Google ドキュメントのようにオンラインでマップの同時編集が可能ですか?
申し訳ございませんが、同時編集機能は備えておりません。 将来のバージョンで実現できるよう開発元企業で検討しております。

ライセンスについて

XMind Plus/Pro 1 ライセンスで何台の PC で利用できますか
2 台までの PC にインストールしてお使いいただけますが、ユーザーは 1 人に限定されます。 2 台を 2 人のユーザーで共有してお使いいただくことはできません。

アンインストール方法

Windows 版の場合
  1. 「コントロールパネル」の「プログラムと機能」を実行して、プログラムの一覧に「XMind x」 (x はバージョン情報など) を探し、それを右クリックして「アンインストール」を選択します。 続いて表示されるメッセージで、「はい」ボタンをクリックします。
  2. XMind was successfully removed from your computer. と表示されたら OK ボタンをクリックします。
  3. 「コントロールパネル」の「フォルダー オプション (または エクスプローラーのオプション)」を実行し、「表示」タブをクリックします。 「詳細設定:」欄で「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」のオプションが有効になっているかご確認ください。 有効でない場合はクリックして有効化した後、OK ボタンをクリックしてフォルダー オプション画面を閉じます。
  4. 続いてエクスプローラーを実行し、下図のように C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\に移動します。 「ユーザー名」の部分はお使いの Windows のログインに使用しているユーザー名が入ります (下図では Koichi)。 XMind フォルダーを探して右クリックし、メニューから [削除] を選択して XMind フォルダーを削除します。

  5. XMind フォルダー
  6. XMind フォルダーを削除したら PC を再起動してください。 以上でアンインストール完了です。
Mac 版の場合
  1. Finder で Macintosh HD > アプリケーション フォルダを表示し、XMind アイコンをゴミ箱に入れます。
  2. Finder を使用していることを確認し、Option キーを押したまま 「移動」 メニュー > 「ライブラリ」 と選択します。 ライブラリ フォルダの中身が表示されますので、 XMind フォルダを探してゴミ箱に入れます。※
  3. 上記の作業を完了したら PC を再起動してください。 以上でアンインストール完了です。

  4. ※ ライブラリ フォルダの表示方法は Mac OS のバージョンにより、上記と異なる場合があります。 最新の情報は、Apple 社のサポートページ (https://support.apple.com/ja-jp) 等でご確認ください。
無料ダウンロード 今すぐ購入